ねずみ駆除東京.com


野ねずみの駆除方法はOBD城西

野ねずみで良く悩まされているのが、農耕地帯です。野ねずみというのは、増加傾向のあるクマネズミと違って、外で発生します。クマネズミは家の中を走り回ったりする被害が多いですが、野ねずみの場合は、畑などの作物を食べられてしまったりすることが多いのです。そこで、農耕地帯では、いっせいに駆除を行うことも多いのです。農耕地帯だけではなく、住宅や畜舎、それから原野などにも生息しています。

外の被害と言えば、野ねずみだけではありません。土の中に生息している「モグラ」から、頭の良い「カラス」、山から下りてくる「イノシシ」などがあります。駆除しなければ、せっかくの作物が食べられてしまいますし、下手すれば住み着いてしまって、住宅地にまで押し寄せてくることもあるのです。

野ねずみやモグラなどの駆除方法として製造・使用されているのが「白色煙幕」です。見た目は花火のように見えて、点火すると燃焼して煙が出てきます。それから、ロケット花火も駆除には効果的なのです。臭いや、煙、それから音に嫌がりねずみやモグラなどがいなくなるのです。もちろん、他の方法もあります。例えば…かごの罠をしかけたり、侵入防止のネットを作成、音や音波などを流すことなどもあります。

殺鼠剤を使用することも多いです。例えば…硫酸タリウム、リン化亜鉛、クマリン系、ダイファシンなどもあります。「硫酸タリウム」は内臓器官で充血があり、2~4日程度で死亡する成分です。致死量に満たない量のみの使用でも、これ以上繁殖させないようにすることができます。「リン化亜鉛」は非常に高価の早い急性殺鼠剤と呼ばれる成分で、中枢神経を侵すので、呼吸困難になります。だいたい時間ですと、3~5時間程度で死亡します。「クマリン系成分」も、内臓器官の内出血や充血による殺鼠効果があります。硫酸タリウムよりも、効果が落ちて累積毒性があり死亡するのに4~5日程度かかります。4~5日間は連続して摂取しなければいけないので、難しいです。「ダイファシン」という成分も、3~4回程度は連続で摂取しなければ効果がありません。

ねずみ駆除 湿気・シックハウス対策
ゴキブリ駆除 会社案内
シロアリ駆除 お問合せ

ねずみ駆除は 安心のOBD城西 TEL 03-3321-2287 お見積りは無料です!
↓ねずみ駆除でお悩みの方、以下のページをご参照下さい。
有限会社オービーディー  東京都世田谷区 赤堤 5 - 18 - 7